カバーの柄は、江戸美学研究会の会員投票で決定の全3柄!

『江戸帖』で人気のカバーは、江戸から続く染呉服の老舗「竺仙」の浴衣の柄を使用。
江戸美学研究会の会員様にアンケートにお答えいただき、人気の柄をセレクトしました!
「松の枝ぶり」「三升」「雪輪に雪華」の3柄が登場です。

 

「手帳製本」で開きが良いので描きやすい!

2020年版から採用している手帳製本。
江戸帖2022年版は「レフト式」ですが、手帳の「のど」部分が書きにくいというご心配はありません!
ぜひお手にとってご確認ください。

 
「江戸&現在重ね地図 」は毎年掲載!

江戸美学研究会が企画している「江美研寺子屋」の街歩きで巡ってきた江戸の街を
「切絵図」と重ねた「江戸&現在重ね地図」!
江戸帖を手元に、イメージを膨らませながら江戸の街を歩いてみては? 東京の見え方が変わるはずです。

 

週間スケジュールは「レフト式」。江戸コラムとメモスペースの広さを同時に実現!

「毎週江戸コラムが読みたい…でもメモスペースも広くしてほしい」という両方のご要望にお応えし、
今年も「レフト式」を採用。メモスペースをできるかぎり広く、
時間管理を重要視する方にもご満足いただけるよう、時間軸と月間カレンダーを追加しています。
六曜と十干十二支を、週間スケジュールにも掲載。「日本のこよみ」がまるわかりです!


月間スケジュールは、
2021年10月から2023年1月まで!

月間スケジュールは2021年10月始まりなのですぐにお使いいただけます。
2022年は楽しい予定をたくさん書き込める年に!

手帳にはさめるおそろいのメモ帳『江戸手控え』も継続して発売中!

「メモ欄を増やしてほしい」というご要望にお応えした、
『江戸帖』とおそろいのミニノート『江戸手控え』。
『江戸帖』の「隠しポケット」に入れてお使いいただけるサイズで、
手帖はあまり重くならず必要なだけメモ欄を追加できます。
柄はシリーズ1、シリーズ2、それぞれ5柄!


【2022年版江戸帖の仕様】

判型:B6サイズ / 全224頁 / オールカラー / ダイジェスト英訳 / 隠しポケット付き

■ 江戸の暦と時間
■ 月間スケジュール (2021年10月〜2023年1月)
(旧暦・月齢・二十四節気・七十二候・ 六曜・十干十二支・祭と行事)
■ 週間スケジュール (2022年1月〜12月)
(旧暦・月齢・二十四節気・七十二候・ 六曜・十干十二支・祭と行事)
[江戸コラム]
・江戸の五節句  ・江戸の物売り ・名所江戸百景散歩 
・江戸の技  ・江戸の味わい ・家紋ばなし  ほか
■ 江戸&現在重ね地図
■ 江戸料理レシピ  ■ ふろしきの包み方  ■ 江戸時代の単位  ■ 江戸文化年表
■ 江戸リスト(文化施設・神社仏閣)  ■ 都内地下鉄路線図  ■ 方眼フリーページ

▼内容の解説は下記リンクから▼
2022年版『江戸帖』を詳しくご紹介

 

 
江戸帖やお客様の声から生まれた商品たち

江戸美学研究会では江戸帖を中心に、会員の皆様の「こんなのがあったら素敵」という声を形にしています。
まだまだ少ないですが、一緒に増やしていければと思っています。ご意見やご感想もお待ちしています。

コメントを残す