歌舞伎文字 勘亭流体験【年賀状づくり】

今回で7回目、人気講座の「歌舞伎文字 勘亭流体験」を今年も開催いたします!
新年に向けて来年の干支・賀詞に挑戦いただき、年賀状に使えるようハガキ大の紙に清書します。

【勘亭流とは】
江戸文字の代表的な書体「勘亭流」。
江戸時代に歌舞伎の番付や看板などの文字として生まれました。
江戸情緒豊かな江戸文字 勘亭流は、字を太くし空白を残さない(客席に隙間がないように)、
文字に丸みをもたせ尖らせない(無事円満を祈る)、
ハネは内側に入れる(お客様を招き入れる )といった様々な願いがこめれらた文字です。

講座ではまず紙に書いて練習し、勘亭流の特徴をつかんでいただいてから、最後に清書していただきます。
書道の経験は不要。初めての方でも丁寧にご指導いたします。

▲過去の講座の様子(詳しくはこちらから

講師は今回も勘亭流書家の田中志壽(たなか・しず)先生。

プロフィール
松竹の歌舞伎座番付や看板などを揮毫されていた伏木壽亭氏に師事。
実演活動、依頼執筆等を始めプロとして活動。
江戸帖の和風月名も揮毫していただいています。

【開催概要】

◆日時:2018/12/9(日)13:30~16:30(受付13:00~)
◆会場:株式会社ジャパンライフデザインシステムズ セミナールーム
◆住所:
東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル7F
◆アクセス:
渋谷駅徒歩10分
◆参加費3,000円
参加費は当日お支払いください。

◆申込方法
メールの件名に「12/9歌舞伎文字 勘亭流体験
本文に「お名前」「参加人数」「当日連絡可能な電話番号」をご記入の上、
下記アドレスまでメールでお申込みください。
ebiken@jlds.co.jp

◆定員先着12名様(先着順)
◆申込締切12/6(木)
※定員に達した場合は申込締切日を待たずに締切らせていただきます。
※キャンセルの場合は、必ずご連絡くださいますようよろしくお願い致します。

◆持ちもの:道具は江戸美学研究会がご用意いたします
※墨汁を使用しますので汚れてもよい服装またはエプロンをご用意ください。
※現金支払いを希望の方は当日ご用意をお願いいたします。

◆清書の紙はお持ち帰りいただけます。

皆様のご参加お待ちしております。

コメントを残す