江戸手控え『花菖蒲』Iris

商品カテゴリー: 商品タグ: ,

説明

『江戸帖』の隠しポケットに入れて、メモが必要な時にちょっと出して使える、全32頁の薄型方眼ミニノート。
江戸帖2020年版の「花菖蒲」「福良雀」「秋草模様」「金魚」の4柄と、竺仙定番柄の「万寿菊」の全5種が仲間に加わりました。

 

【江戸手控えの仕様】
判型:A6変形サイズ:h148mm×w98mm / 全32頁 / 方眼罫

花菖蒲 Iris

アヤメ科の花菖蒲(花菖蒲)、菖蒲(あやめ)、杜若(かきつばた)の3 種は混同されやすいが、中ではこの花菖蒲が最も丈が高い。 長い葉と茎を縞模様のように流麗に描き、涼感を誘う。ちなみに端午の節句の菖蒲湯に入れる菖蒲は、漢字は同じでもサトイモ科の別種の植物だ。

The slender leaves and stems of the iris are arranged in stripes. Iris, or Hanashobu in Japanese, of the Iridaceae family, is different from the sweet flag (Shobu), which is used in a bath during the iris festival, although they both have Shobu in their Japanese names.

定価350円+税(花菖蒲1冊)

button_on.jpg

※モニターの種類や明暗設定等により色合い等見え方が異なりますので予めご了承ください。
※送料は一律540円(税込)。商品の合計金額が、税別1,500円以上で送料無料になります。
※商品発送まで7営業日(土・日・祝を除く)程度のお時間をいただいております。

レビュー

レビューはまだありません。

“江戸手控え『花菖蒲』Iris” の口コミを投稿します