江戸帖2020+ビニール&掛替カバーセット(金魚+花菖蒲)

商品カテゴリー: 商品タグ: ,

説明

『江戸帖2020』と専用の「ビニールカバー」を合わせてお求めの方に、柄違いの掛替カバー1枚がついてくるお得なセットです!
柄の組み合わせは、6パターンのセットをご用意しています。季節によって掛け替えて気分をリフレッシュしてください。
「ビニールカバー」は便利なペンホルダー付き。クリアなので柄もはっきり見え、カバーを汚さずに一年間お使いいただけます。

金魚(単体)+花菖蒲(掛替カバー)+専用ビニールカバー
定価1850円+税
button_on.jpg

※モニターの種類や明暗設定等により色合い等見え方が異なりますので予めご了承ください。
※送料は一律540円(税込)。商品の合計金額が、税別1,500円以上で送料無料になります。
※9月より商品の発送を開始いたします。商品発送まで7営業日(土・日・祝を除く)程度のお時間をいただいております。


江戸帖2020『金魚』Goldfish

流水や草花が雅な雰囲気の「御所解文様(ごしょどきもよう)」を背景に、江戸の夏の風物詩である金魚を組み合わせた意匠である。金魚は文化文政期になると庶民も買えるようになり、一大ブームを巻き起こした。浴衣の柄や浮世絵に描かれるのも、この頃からである。

The design combines the goldfish, a summer feature of Japan, against the elegant Goshodoki pattern with flowing water and plants.

江戸帖2020『花菖蒲』Iris

アヤメ科の花菖蒲(花菖蒲)、菖蒲(あやめ)、杜若(かきつばた)の3 種は混同されやすいが、中ではこの花菖蒲が最も丈が高い。 長い葉と茎を縞模様のように流麗に描き、涼感を誘う。ちなみに端午の節句の菖蒲湯に入れる菖蒲は、漢字は同じでもサトイモ科の別種の植物だ。

The slender leaves and stems of the iris are arranged in stripes. Iris, or Hanashobu in Japanese, of the Iridaceae family, is different from the sweet flag (Shobu), which is used in a bath during the iris festival, although they both have Shobu in their Japanese names.

【2020年版『江戸帖』の仕様】
型:B6サイズ / 全224頁 / オールカラー / ダイジェスト英訳 / 隠しポケット付き

■ 江戸の暦と時間
■ 月間スケジュール (2019年10月〜2021年1月)
(旧暦・月齢・二十四節気・七十二候・ 六曜・十干十二支・祭と行事)
■ 週間スケジュール (2020年1月〜12月)
(旧暦・月齢・二十四節気・七十二候・ 六曜・十干十二支・祭と行事)
[江戸コラム]
・江戸の五節句 ・江戸のこよみ ・名所江戸百景散歩 ・江戸の開運
・江戸のおしゃれ ・江戸の味わい川柳 ・江戸の物売り ・歌舞伎の基本 ・家紋 ほか
■ 江戸&現在重ね地図
■ 巻末コラム 浮世絵、歌舞伎、相撲など 有識者へのインタビューコラム
■ 江戸料理レシピ  ■ ふろしきの包み方  ■ 江戸時代の単位  ■ 江戸文化年表
■ 江戸リスト(文化施設・神社仏閣)  ■ 都内地下鉄路線図  ■ 方眼フリーページ

レビュー

レビューはまだありません。

“江戸帖2020+ビニール&掛替カバーセット(金魚+花菖蒲)” の口コミを投稿します