江戸帖+ビニール&掛替カバーセット(金魚+花の丸)

商品カテゴリー: 商品タグ: ,

説明

『江戸帖2019』と専用の「ビニールカバー」を合わせてお求めの方に、柄違いの掛替カバー1枚がついてくるお得なセットです!
柄の組み合わせは、6パターンのセットをご用意しています。季節によって掛け替えて気分をリフレッシュしてください。
「ビニールカバー」は便利なペンホルダー付き。クリアなので柄もはっきり見え、カバーを汚さずに一年間お使いいただけます。

金魚(単体)+花の丸(掛替カバー)+専用ビニールカバー
定価1850円+税
button_on.jpg

※モニターの種類や明暗設定等により色合い等見え方が異なりますので予めご了承ください。
※送料は一律540円(税込)。商品の合計金額が、税別1,000円以上で送料無料になります。
※9月より商品の発送を開始いたします。商品発送まで7営業日(土・日・祝を除く)程度のお時間をいただいております。


江戸帖2019『金魚』Goldfish
bar_limited_1.jpg

夏の定番柄。金魚の背後に「板締め絞り」の技法で麻の葉文様を染め、幻想的な雰囲気を生み出しています。金魚は高級観賞魚でしたが江戸中期に武士が副業で養殖を始め、文化文政期には庶民に広がりました。金魚売りは江戸の夏の風物詩でした。

A classic motif for Yukata. Goldfish vendors were one of the summer features of the Edo period. The hemp leaf pattern behind the goldfish creates a dreamy atmosphere.

江戸帖2019『花の丸』Flower circles

様々な草花を円形に収める「花の丸紋」は平安時代からある文様。菖蒲を中心に、桔梗や萩、鉄線花、女郎花(おみなえし)など様々な花を丸く描いています。菖蒲は香気が邪気を祓うとされ、端午の節句に欠かせない花。菖蒲の柄は沖縄の紅型(びんがた)染めにも多くあります。

The “crest of flower circle”, depicting various flowers in a circle, is a traditional pattern which has existed since the Heian period. In this design, bellflower, bush clover, clematis, and goldenlace are depicted in the circle, with sweet flag as the main feature.

【2019年版江戸帖の仕様】
判型:B6サイズ / 全208頁 / ダイジェスト英訳 / 裏表紙に隠しポケット付き

■ 年間スケジュール
■ 月間スケジュール 2018年10月〜2020年1月
(六曜、十干十二支、月齢、二十四節気・七十二候、各月の伝統行事)
■ 週間スケジュール 2018年12月31日〜2020年1月5日
(旧暦、六曜、十干十二支、月齢、二十四節気・七十二候、各月の伝統行事、週間江戸コラム)
■ 有識者による江戸文化コラム
(都市、着物、浮世絵、歌舞伎、落語、学び)
■ 江戸の暦と時間 ■ 江戸文化年表 ■ 江戸の単位 ■ 江戸料理レシピ ■ ふろしき包み ■ 紋切り
■ 江戸切絵図 ■ 江戸リスト(江戸関連の施設、神社仏閣)■ 路線図(東京) ■ 方眼フリーページ

 

レビュー

レビューはまだありません。

“江戸帖+ビニール&掛替カバーセット(金魚+花の丸)” の口コミを投稿します