2020年版『江戸帖』発売!

2020年版『江戸帖』はここが変わりました!

江戸美学研究会の会員の声にお応えして進化した2020年版『江戸帖』の特長をご紹介します。

カバーの柄は、江戸美学研究会の会員投票で決定の全4柄!

『江戸帖』で人気のカバーは、江戸から続く染呉服の老舗「竺仙」の浴衣の柄を使用。
江戸美学研究会の会員様にアンケートにお答えいただき、人気の柄をセレクトしました!
「花菖蒲」「金魚」「福良雀」「秋草模様」の4柄が登場です。

製本を「手帳製本」に。開きが格段と良くなりました!

企画・編集・デザインメンバー全員が長く望んできた製本の変更を今年とうとう実現できました!
出来上がって開いた時は感動しました!! すっきりとストレスなく開きます。
特に、2019年版より採用している「レフト式」では、手帳の「のど」部分に書きにくいという声も。
2020年版はそんなことはご心配ありません!ぜひお手にとってご確認いただきたいところです。
毎年ご利用いただいている方には違いを実感いただけるはず!

 
毎年人気の切絵図が進化!「江戸&現在重ね地図 」が新しく加わりました。

「おもわず眺めてしまいます」というお声をいただく「切絵図」のページが2020版は進化!
江戸美学研究会が企画している「江美研寺子屋」の街歩きで巡ってきた江戸の街を切絵図に重ねました。
江戸帖を手元に、イメージを膨らませながら江戸の街を歩いてみては!東京の見え方が変わるはずです。

週間スケジュールは「レフト式」。江戸コラムとメモスペースの広さを同時に実現!

「毎週江戸コラムが読みたい…でもメモスペースも広くしてほしい」という両方のご要望にお応えし、
今年も「レフト式」を採用。メモスペースをできるかぎり広く、
時間管理を重要視する方にもご満足いただけるよう、時間軸と月間カレンダーを追加しています。
六曜と十干十二支を、週間スケジュールにも掲載。「日本のこよみ」がまるわかりです!

 

月間スケジュールは、2019年10月から2021年1月まで!

早めに手帳を切り替えたい方のために、月間スケジュールは2019年10月始まりです。
2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会への予定も早くから書き込めます。

手帳にはさめるおそろいのメモ帳『江戸手控え』の新柄を発売!

「メモ欄を増やしてほしい」というご要望にお応えした、
『江戸帖』とおそろいのミニノート『江戸手控え』。
『江戸帖』の「隠しポケット」に入れてお使いいただけるサイズで、
手帖はあまり重くならず必要なだけメモ欄を追加できます。
2020年版とお揃いの新柄が新たに仲間入り!
5柄が各1冊ずつ入ったシリーズもご用意しています。


【2020年版江戸帖の仕様】
判型:B6サイズ / 全224頁 / オールカラー / ダイジェスト英訳 / 隠しポケット付き

■ 江戸の暦と時間
■ 月間スケジュール (2019年10月〜2021年1月)
(旧暦・月齢・二十四節気・七十二候・ 六曜・十干十二支・祭と行事)
■ 週間スケジュール (2020年1月〜12月)
(旧暦・月齢・二十四節気・七十二候・ 六曜・十干十二支・祭と行事)
[江戸コラム]
・江戸の五節句 ・江戸のこよみ ・名所江戸百景散歩 ・江戸の開運
・江戸のおしゃれ ・江戸の味わい川柳 ・江戸の物売り ・歌舞伎の基本 ・家紋 ほか
■ 江戸&現在重ね地図
■ 巻末コラム 浮世絵、歌舞伎、相撲など 有識者へのインタビューコラム
■ 江戸料理レシピ  ■ ふろしきの包み方  ■ 江戸時代の単位  ■ 江戸文化年表
■ 江戸リスト(文化施設・神社仏閣)  ■ 都内地下鉄路線図  ■ 方眼フリーページ

▼内容の解説は下記リンクから▼

kuwashikuwaobi2018.jpg

江戸帖やお客様の声から生まれた商品たち

江戸美学研究会では江戸帖を中心に、会員の皆様の「こんなのがあったら素敵」という声を形にしています。
まだまだ少ないですが、一緒に増やしていければと思っています。ご意見やご感想もお待ちしています。

コメントを残す